青藍の聖譚曲

日常の呟きや、ゲーム、アニメ、漫画、ブログの小説関連など色々なことを書いていこうと思います。

ペルソナ3ポータブル*プレイ感想

f:id:yuyu5jp:20170830171455j:plain

またまたお久しぶりです。優夜です。
最近はペルソナ二十周年としてVitaでもプレイできるようになったペルソナ3ポータブルばっかりやってました(^0^;)

ものの見事にはまり、寝不足になりました(´ー`)

ペルソナ3ポータブルは元のペルソナ3をやっていた時に特に思い入れが強かったので、PSPだけじゃなく、Vitaでもできるようになって、本当に嬉しかったです(*´艸`*)

(本当は、ブログでペルソナ3のお題小説を書こうと思ったのですが…やめときます。
ペルソナ4のif小説を書いていこうと思います。)

追記から女主人公ちゃんへの思いとか、作品自体に対しての思いとか、特別課外活動部への思いとかを書いていきたいと思います。



*女主人公ちゃんへの想い
井上麻里奈さんの声が最高に可愛い。
・コミュの選択肢が柔らかい。井上さんの声で再生したらめちゃくちゃ萌えた。
・両親を失ったのに明るくて優しい。そりゃゆかりさん達も態度が柔らかくなりますわ(*´艸`*)
・2週目のカップルエンディング(真田先輩、新垣先輩、天田くん)がとても…気になる…でも、2週目する体力ないっす…(´・ω・`)
・1週目のアイギスとのやりとりに泣いた(´;ω;`)
作品が『生』と『死』を取り扱ってるから、仕方ないといったら、あれだけど、女主人公ちゃんも男主人公くんも幸せになってほしかった…!
・エンディング後の彼氏の反応が…とても、気になります…(1週目は真田先輩が彼氏でした(*´艸`*) )

ペルソナ3ポータブルについて。
・初めてのプレイは高校生の時で男主人公でした。
最後のタルタロスの番人がどうしても倒せなくて諦める→ポータブルが発売してから、攻略本を買って女主人公ちゃんでプレイして、エンディングを迎えました。
・ひっさしぶりにペルソナ3ポータブルをプレイして、色んな人が大事な人を失っていくのがとても辛かったし、悲しかったです(´;ω;`)
あれです。『ジブリの映画を幼い頃に観たけど、その時は意味がよく分からなかった。でも、大人になって初めて登場人物達が言っていた言葉やシーンが分かった』っていう感じでした。
・上記でも書きましたが、作品が『死を忘れるな』っていう意味を持っていたので、男主人公君も女主人公ちゃんも死ぬことは避けられない事なんですよね…。
・物語を通して、色々と考えさせられるものがありました。
生きていくことが、どれだけ難しいのか。
死ぬことが、どれだけ恐ろしいのか。
高校生でプレイしていたときはよく分かってなかったのですが、大人でプレイしていると違ってきました。

*特別課外活動部メンバーへの想い。
・みんな、色んな経験をしながら、ちょっとずつ成長していくのがよかったですね。
でもなぁ…今まで、デスを宿して、世界の滅亡を止めてくれてた主人公に対して、順平君が責めるのが良くなかったなぁ…(ウィキによると男主人公くんにはもっときつかったとか…(´・ω・`)女主人公ちゃんは…まあ、マシでしたが。)
・とあるサイトさんでペルソナ3の後日談となる『ペルソナ3 フェス』アイギスのエピソードではせっかく主人公が守った世界で特別課外活動部のメンバーが主人公を復活させるか、そのままにするか、どちらでもない側とで仲間同士で争っていた…っていうのがショックでしたね…(´・ω・`)
おいおい…それはないだろ…と思いましたね。
だから、ペルソナ3フェスはプレイしません。そんなの私の心が耐えられないからです。あまりにも酷すぎる。何のために主人公君は命を落として、封印したのかが分からなくなります。
あるとするなら、フェスは実況動画で観るのが無難だと思います。

***
ペルソナ3ポータブルをプレイしている時に女主人公ちゃんが合宿でペルソナ4の舞台となる八十稲羽市にやって来たんです。

その時に、中学生の雪子ちゃんが出てきて「おおー!!」ってなりました。
ペルソナ4のBGM聞いてると、「ああ…八十稲羽に帰りたい…(´ー`)」って思いましたw
そこから、ずっとポータブルをプレイしている時にペルソナ4をプレイしたい気持ちが強くなっていきました。
今はそんな体力がありませんが…色々と落ち着いて来たときに、また2週目をプレイしたいと思います。

ブログ更新情報